メタボ

生活習慣病は代謝異常症候群!無駄なダイエットより質が大事

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    高血圧・糖尿病・コレステロールや脂肪など脂質異常症から、
    がん・心疾患・脳疾患なども含めて、

    殆どの病気が生活習慣病です。
    それぞれの原因は違うにせよ、

    大きな共通点で考えると、代謝異常症候群です。
    新陳代謝が悪いことが大きな原因の一つなんです。

    そうすると、簡単に考えると新陳代謝をよくするとよくなる。
    血流を良くすることもそうでしょう。

    新しい細胞にどんどん作り変えたり生まれ返らせたり
    そのようなことすればよいのです。

    この考えからいくと、むやみなダイエット、
    ということは、新陳代謝を悪くしてしまいます。

    食べないと、身体はエネルギーを無駄づかいしないように
    大事に燃やそうとするのです。

    そうすると、新陳代謝が悪くなります。
    よって、太り過ぎていて、生活習慣病予防の時、ただ食べなければよいという訳ではありません。

    そして、食べてはいけないと思うことがストレスとなって、
    また、新陳代謝を悪くしてしまっているのです。

    悪循環ですね。
    生活習慣病の時は、食べる量の前に、食べる質を考えることが大事です。

    無駄にダイエットしなければと思わずに、

    しっかり栄養素を頂く食事をすると、ビタミン・ミネラルなどの栄養素が、
    スイッチのような働きをして新陳代謝が良くなります。

     

     

     

    コメントを残す

    *