健康管理

血流を良くする日本伝統文化の言葉

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    新元号が「令和」と発表され、
    日本伝統文化が見直される時代となることでしょう。

    万葉集を読むと、その言葉の表現に魅了されます。

    綺麗な言葉を使うと、水の結晶が綺麗になるということを、江本勝さんが言われていました。
    私達の身体の多くを水が占めています。

    よって、どういう言葉を使うかはとても重要になります。
    健康になりたいときに、次のような言葉を言ってはいないでしょうか。

    ・年のせいだからもう治らない
    ・なんで痩せないのかしら
    ・忙しくてできない
    ・そうは言ってもそう簡単にできない

    その言葉が細胞一つずつに影響してしまうのです。
    血流も悪くなりますね。

    細胞がルンルン楽しくなるような言葉をかけてみましょう。
    『健康診断のうた』に

    「まだまだ命ある限り 挑戦は永遠に」という歌詞があります。
    このような気持ちでいると、言葉も変わってくることでしょう。

    日本伝統文化の言葉は優雅です。
    血管にも負担をかけず、スムーズに血液が流れていくようです。

    「令和」の引用もととなった、万葉集梅の花の歌32首の序文を声を出して読んでみることもお勧めです。

    新元号「令和」国書から引用!健康面でもめでたい日々を志す

    ★無料メルマガでも詳しい健康情報をお伝えしています♪

     

    #令和 #日本伝統文化の言葉

     

     

    コメントを残す

    *