コレステロール

コレステロールは脳を活性化するウォーキングで調える

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    コレステロールは酸化から身体を守ろうとします。
    その代わりに自分が酸化してこれが酸化型コレステロール、悪玉となるのです。

    私達の身代わりになって、酸化してくれるのです。
    よって、酸化させない生活習慣が大事になってきます。

    ウォーキングは新陳代謝をよくして、
    すぐにどこでも取り組める有効な運動です。

    ですが、ここで注意しなければならないことは、

    ウォーキングは有酸素運動で、
    酸素を必要とします。

    やりすぎてしまうと、
    酸化が進んでしまう恐れがあります。

    そこで、ウォーキングの別の作用も活かす必要があります。
    どんな作用かというと、脳を活性化する作用です。

    やりすぎではなく、適度なウォーキングで、
    考える力を高めるのです。

    その為にお勧めなのが、
    五感を使って歩くことです。

    ・景色の変化を楽しんだり
    ・草花のにおいをかいだり
    ・鳥の声や川の音を聞いたり

    五感の働きを良くすると、
    内臓の働きも良くなり、脳も活性化します。

    そうして、生活習慣を振り返ることで、
    コレステロールやその他の数値がなぜバランスを崩しているか、

    考えられるようになります。

    このことが、ウォーキングによって健診数値を改善させるための、
    大事なポイントとなります。

     

    #コレステロール #歩く

    コメントを残す

    *