健康管理

新元号「令和」国書から引用!健康面でもめでたい日々を志す

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    2019年4月1日、新元号「令和」が発表されました。
    万葉集梅の花の歌32首の序文から引用されたようです。

    「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」

    令月とは、大辞林 第3版の解説に次のように書かれています。

    ①何事をするのにもよい月。めでたい月。よい月。
    ② 陰暦二月の異名。

    初春の歌です。

    春は漢方医学では、東から太陽が昇ってくる、木気が盛んになる季節と捉えます。
    やる気も高まる季節です。

    オリンピックも迫ってきて、新しく年号も変わり、国民も気持ちが高まってきているのではないでしょうか。

    この時、気を付けなければならないことは、頑張りすぎたり、ストレスも生じやすいということです。
    その時は、気淑(よ)く風和(やわら)ぎの春の陽気をイメージしながら、心を平生に保ちたいものです。

    漢方医学では、私たちは自然の一員と考えます。
    万葉集など国書から、自然と共に生きることを学び、健康面でもめでたい日々を志しましょう

    #新元号 #令和

    コメント

    コメントを残す

    *