お薬

薬局でお薬を待つ時は顔を動かして内臓の働きを良くする

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    表情筋を動かす体操とか、顔のヨガとか、笑うとよい、
    など顔の運動も話題になっています。

    薬局で働いていた時、待合室で待っている方を見て、
    ある共通点があることに気が付きました。

    慢性病で通われている方は、顔の表情が硬いということでした。
    顔が動きにくくなっているようでした。

    顔にも五臓六腑のツボがあります。
    よって体調が悪くなると、ツボのあたりも働きが悪くなって、顔が動きにくくなってくるのでしょう。

    ですが、顔の表情筋はいつでもどこでも気軽に鍛えることが可能です。
    しゃべったり、笑ったり、顔を刺激するといろんなツボの刺激にもなります。

    合唱団に入るのも良いでしょう。
    カラオケに行くのも良いでしょう。

    近所の方とおしゃべりする時は、暗くなるような噂話ではなく、楽しいお話をしましょう。
    待合室で待っている時間は絶好の表情筋を鍛えるチャンスです。

    内臓の働きを高めて、早く元気になるように、
    そして待合室で周りを気にせず表情筋を鍛えることが出来ます。

    でも周りの目が気になる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、良い方法があります。
    それはマスクをして、表情筋を動かすのです。

    誰にも知られず、そして、顔のツボの刺激にもなり、元気になります。
    また、舌で歯ぐきのマッサージをすると唾液が出て免疫力もアップします。

    何もせずに座っているのは、新陳代謝が悪くなって回復力が落ちるので残念です。
    待合室で、お薬を待っている時こそ、表情筋のトレーニングをお勧めします。

     

    #表情筋を鍛える #待合室 #薬局 #新陳代謝 #顔のトレーニング #舌でマッサージ

     

    コメントを残す

    *