メタボ

体幹を鍛えても前後左右にと自由自在に動けないと安心感ない

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    体幹を鍛えることが流行っています。
    確かに、手足だけ鍛えても、バランスを取るには、体幹がしっかりしていることが大事です。

    体幹とは、簡単に言うと胴体のことです。
    体幹の構成要素には、胸、背中、腰回り、お尻など含まれます。

    これらを鍛えることは大事ですが、単に体幹が強いだけでは、心まで強くなるとは限らないのです。
    よって、西洋トレーニングはメンタルトレーニングを別に行います。

    心が強くなる為には、安心の状態が必要です。

    どういう状態が安心の繋がるかというと、自由自在に変化することが出来るということもその一つです。
    私たちは何か困難なことに出会うと、立ち止まいがちです。

    思い悩むと、そこにじっとして、動けなくなってしまいます。
    それは不安な状態です。

    同じように、体幹を鍛えて、筋肉がムキムキしても、例えば戦うとしても、力が強いだけでは常に勝つことはできません。

    もっと力が強う人が出てきてしまうと、立ち向かえないからです。
    ですが、日本の相撲が面白かったのも、小さい人が大きい人を制することが出来たからです。

    それは、体当たりの力任せの相撲ではなく、体幹を使って変化できる。
    その為には、ぶれない軸がある事が大事です。

    身体が、前後左右に動いても、軸がぶれないと、自由に変化ができます。
    それが無意識でできるようになると、心にも安心感が生まれます。

    そして、不動の心に導かれます。
    メンタルが強くなる為には、体幹だけを鍛えるのではなく、自由に動けるぶれない軸を作ることが大事です。

    そうするとメンタルトレーニングをしなくても、精神面が安定します。
    単に体幹を強くするのではなく、メンタルも同時に鍛えられるのが本来の武道です。

    コメントを残す

    *