コレステロール

コレステロールが高すぎる時に食事で大事な2つのこと

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    コレステロールが高すぎる時、
    食事で何を気をつけたらよいでしょうか。

    いろいろ言われていて、
    迷うことも多いことでしょう。

    肝臓でコレステロールの多くが作られます。
    よって、肝臓を疲れさせないJ食事が大事です。

    摂り過ぎに気を付けたい2つのもの

    肝臓に負担をかけてしまうのは、

    ・添加物
    ・加工食品

    など、合成されたものです。
    なぜかというと、

    自然のものと違って、
    合成されたものは、肝臓が解毒しなければなりません。

    よって、摂りすぎると、
    肝臓が疲れてしまうのです。

    ただし、現在は、これらはいろんなものに入っているので、
    神経質になると、食べる物がなくなってしまいますね。

    そこで、だめとマイナスで考えるより、
    次のことを積極的に心がけましょう。

    あまり手をかけない自然のもの

    ・野菜や海藻など自然の食材を多く
    ・調味料も味噌や醤油、酢、油、天然の塩などで作る

    など、実は簡単素材で良いのです。

    キュウリに味噌をつけて食べるとか、
    野菜も市販のドレッシングをたっぷりではなく、簡単しお揉みなど。

    それに梅干しとか、シソなど入れても美味しいですね。

    焼肉のたれとか、調味料によっては、
    化学物質だらけのものもあります。

    それであれば、焼肉に、醤油に大根おろしなど、
    簡単な和風味も美味しいですね。

    まとめ

    コレステロールが高すぎる時には、
    肝臓を疲れさせないように、これがとても大事です。

    添加物や加工品など化学物質を摂りすぎなると、
    肝臓はせっせと解毒しなければならなってしまいます。

    この手間を減らしてあげる為に、
    自然のものが味も優しく、肝臓にも優しいということになります。

    #コレステロール高い #コレステロール食事

     

    コメントを残す

    *