お薬

コレステロールは少なすぎてもうつっぽくなる!気を付ける事

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    コレステロールが少なすぎると、
    セロトニンの分泌が悪くなり、うつっぽくなったり、元気がでないことがあります。

    よって、コレステロールは少なければ少ない方がよい、
    というわけではないのです。

    昔は、卵はコレステロールを上げると言われて敬遠されていましたが、
    うつっぽいなあ、元気でないなあ、という時は、

    卵など良質のコレステロールが足りないことも考えられます。

    また、コレステロールを下げるお薬が出されている時も、
    気を付けなければならないことがあります。

    それは、医師の指導を受けて、運動や食事に気を付けていると、
    それだけでもコレステロールが下がってくることが十分考えられます。

    その時は、普通に考えると、

    生活習慣の指導で下がってきている。
    +
    お薬で下げている。

    とその2つで下がり過ぎてしまい、その結果やる気がでなかったり、
    うつっぽい症状が出てしまう、ということがあるかもしれません。

    ですが、心配することはありません。

    医師の指導で良い状態に改善されてきているのですから、
    それに合わせて、医師からは、この状態では薬は必要ないです。

    など、指示がある事でしょう。
    それくらい、運動や食事でも身体の状態は変わるのです。

    お薬を出されている人は、それに頼って、
    自分の生活習慣を見直さないことが問題です。

    生活習慣病ですから、
    その名前のごとく、生活習慣を変えるとよくなるんです。

     

    #コレステロールの薬 #コレステロールとうつ

     

    コメントを残す

    *