健診数値

善玉と悪玉コレステロールはコレステロールの運搬と関係する

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    コレステロールというと、悪玉、善玉とよく言われますね。
    悪玉というと、ない方が良いように思われますがそうでもありません。

    どうしても人間は白黒はっきりさせたくて、
    悪とか善とかに分けたがります。

    実際、悪玉コレステロールと言われているLDLコレステロールですが、
    身体になくてはならない大事なものです。

    肝臓で作られたコレステロールを細胞に運ぶ働きがあります。
    チャンと運搬の役目があります。

    その役割以上に増えすぎしまったり、
    酸化したものが悪玉となってしまうのです。

    では悪玉が多くなり過ぎたらどうしたら良いでしょう。
    慌てることはありません。

    ・偏ったコレステロールの多い食材の摂りすぎに気を付ける。
    ・海藻やこんにゃくなど水溶性のコレステロールで排出しやすくする。
    ・ストレスを溜めこんで酸化型コレステロールに変化させない。

    など、必ず生活習慣に原因があるので、
    一つずつ、確認しながら、取り組んでいくと悪玉ではなく、ちゃんと働くところで収まります。

    それに対して、善玉HDLコレステロールは、血管にこびりついたコレステロールを回収したり、
    動脈硬化の予防になるコレステロールです。

    適度な運動や食事に気を付けると、
    HDLコレステロールの少ない人は改善できます。

    悪玉善玉もバランスが大事です。
    それは生活習慣の改善で調えることができます。

     

    #善玉悪玉コレステロール

     

     

    コメントを残す

    *