健診数値

睡眠が健診数値に大きく影響!土日の睡眠で大事なこと

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    睡眠の重要性がテレビや雑誌などでも頻繁に言われています。
    そんなに大事であれば、休日たくさん睡眠を取ればよい。

    と思いがちですが、睡眠は多ければ多い方が良い。
    という訳でもないのです。

    死亡率を調べると6~8時間ぐらいの適度な睡眠は死亡率も低いと言われています。
    ですが、それより、少なすぎても多すぎてもまた、死亡率が上がってしまいます。

    では、休日はどれくらい平日より多く寝てよいかというと、
    だいたい1~2時間くらいが良いと言われています。

    それより遅くまで朝寝ていると、今度は夜目が覚めて、
    寝る時間が遅くなってしまいます。

    夜は、お休みホルモンのメラトニンの分泌が重要です。
    なぜかというと、メラトニンには次のような重要な働きがあるからです。

    ・抗腫瘍作用
    ・抗酸化作用
    ・解毒作用など

    すごい働きです。
    この働きの恩恵をしっかり受けたいものです。

    そうすると、身体の疲れも取れ、
    血圧や、血糖値など健診数値にも良い影響を及ぼします。

    土日はずっと遅くまで寝ていたいところですが、
    お休みホルモンがしっかり分泌されるように平日の1~2時間くらい多く!までとしましょう。

     

    コレステロール・中性脂肪の数値改善のセミナーでも睡眠のお話を致します。
    ご興味のある方は、どうぞご参加ください。

    http://hisaestyle.com/health/medical-examination/2511/

     

    コメントを残す

    *