健康管理

悪玉ではないLDLコレステロール大事なのはメンテナンス

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    悪玉と言われているLDLコレステロールですが、
    本当にそんなに悪玉なのでしょうか。

    良いところはないのでしょうか?
    LDLコレステロールは悪玉と言ってしまっては、LDLコレステロールに失礼です。

    なぜかというと、

    コレステロールは、細胞膜やホルモンや胆汁酸を作ったり、
    身体にとってなくてはならない物です。

    ですが、油なので、血液に溶けません。
    そのままだと、働くことができないのです。

    そこで登場するのが、コレステロールが血液に溶けて、
    ちゃんと働けるように、運搬してくれるのがLDLコレステロールです。

    宅急便屋さんのトラックのようなことをしてくれます。
    必要な細胞に運んでくれるのです。

    こんな大事なお仕事をしてくれるのに、
    悪玉と言ってはかわいそうです。

    ですが、そのトラックが錆びて動かなくなってしまっては
    コレステロールを運ぶことができなくなってしまいます。

    そのような錆びて働かなくなってしまったコレステロールが問題で、
    それを酸化型LDLコレステロールと言います。

    そして、その酸化型に変えてしまっているのが、
    乱れた生活習慣や心の持ち方などです。

    ちゃんと、トラックも整備して点検していれば、
    安全に、長く使うことができます。

    同じように、私達もLDLが安心して働けるように、
    自身をメンテナンスすることが大事なのです。

     

    #酸化型LDLコレステロール #悪玉コレステロール

     

     

     

    コメントを残す

    *