メタボ

中性脂肪が多い時に減らすのではなく増やしたい食材

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    中性脂肪が多い時には、食べ過ぎをしてはいけない、
    お肉など飽和脂肪酸を取り過ぎてはいけない。

    そういわれることがストレスになってできない方は、
    ある食材を増やすことから始める事をお勧めします。

    脂肪と脂質の違い

    脂質は身体をつっている構成成分の1つです。
    脂肪は、脂質に含まれます。

    脂質の中の一つに脂肪があるのです。

    この脂質を作る脂肪酸の中で身体で作れない脂肪酸があります。
    必須脂肪酸です。

    お肉は飽和脂肪酸で、
    これは必須脂肪酸ではありません。

    よって、お肉が大好きで良く食べる方は、
    バランスを取る為に必須脂肪酸もしっかり摂ることが大事です。

    α―リノレン酸とリノール酸のバランスが大事

    α―リノレン酸と、リノール酸は必須脂肪酸です。
    このバランスが崩れると、炎症や、血栓、アレルギーなどを生じやすくなります。

    糖尿病や、肥満も炎症の1つだと言われています。

    お肉などのタンパク質も身体に必要です。
    このときにお料理の仕方で、リノール酸を摂り過ぎてしまうことがあります。

    揚げ物や炒めものに一般に使われる油にリノール酸が多いのです。
    ですが、昔から油ものや炒めものにリノール酸が使われていました。

    問題はその他のものにも、隠れてたくさん植物油として使われ過ぎてしまっているのです。

    菓子パンや、せんべいや、コンビニのおにぎりとか、コーヒーフレッシュとか、
    それで、知らないうちに摂りすぎになってしまっています。

    まずは加えてみましょう

    これらのバランスを取る為に、
    揚げ物や炒めもののを食べる時に、大根おろしや根のものの野菜を積極的に加えてみましょう。

    葉物のキャベツなど多めに添えるのも良いでしょう。

    また、リノール酸が多すぎるので、魚の油、特に青魚の油、えゴマ油、亜麻仁油など
    α―リノレン酸の多い油を加えることもお勧めです。

    ただこれらの油は熱に弱いので、エゴマ油や亜麻仁油はサラダにかけるとか、
    熱を加えないで使います。

    まとめ

    私達の身体は、いろんな構成要素から成り立っています。
    仲良くバランスを取って身体を調整しています。

    脂質もバランスが大事です。
    まずはこれらの食材を減らすことより、増やすことから始めてみましょう。

    「薬に頼らず コレステロール・中性脂肪を下げる方法」の本に詳しく書いていますので、
    よろしければ、参考になさっていただけたらと思います。

     

     

    コメントを残す

    *