高血圧

白衣高血圧が教えてくれたチャンスを最大限に生かす方法

    診察室で測るとどうしても緊張してしまって、いつもより血圧が上がって困っていませんか。
    こんなにいつもドキドキしてしまって大丈夫だろうか。

    と心配している方も多いと思います。
    ですが白衣高血圧の見方を変えればこれは絶好のチャンスです。

    人生においてすごい気付きを頂いたと思って下さい。
    それを最大限に活かす方法をお伝えいたします。

    白衣高血圧とは

    家庭血圧を測定すると135/85mmHg未満であるけれども、診察室血圧が140/90mmHg以上になってしまうタイプの方。
    医療機関でのみ緊張してしまって上がるが、家庭血圧は正常である方を白衣高血圧と言います。

    不安や緊張で上がってしまいますが、将来、持続性高血圧(いつ測っても高い高血圧)になるリスクも高いと言われています。
    ですが、ほとんどの高血圧は原因がわかってないのに比べて、白衣高血圧は原因がわかりやすいです。

    ですから改善策も立てやすいです。

    なぜ医療機関に行った時だけ上がってしまうのか

    血圧は自律神経によって調整されています。
    自律神経とは自分の意志でコントロールできない神経です。

    交感神経と副交感神経があります。
    血圧をはじめ、いろんなからだの機能を調整しています。

    白衣を見ただけで緊張してしまう時は、交感神経が過剰に反応してしまっていることが考えられます。
    交感神経は、ストレスを感じたり緊張したり、日中活動しているときなど優位に反応します。

    ですから、白衣高血圧の方は、検査する環境やその結果を考えることがストレスとなってしまい、血圧が上がってしまう可能性があります。

    そのような方は、日常生活においても、初めての人に合う時はドキドキしてしまうとか、普段から血圧の変動は大きいことでしょう。

    血圧の変動が大きいことに加えて、食べ過ぎたり血液が汚れて血液がどろどろになっていると、血管に負担がかかってくるので、将来的に持続性高血圧になってしまうことも考えられます。

    ですが現在、家庭血圧も正常ですし、今慌てることはないでしょう。
    今は他に打つ手があります。

    弱みを克服するチャンス

    よくビジネスでは「強みを活かすと言います。」
    長所を伸ばすということです。

    それに対して、武道では「弱みを克服する」ということも大事に考えます。
    「絶対に負けない!」ことを目指すのです。

    なぜ「絶対に負けない!」のかというと、侍は負けは死を意味します。
    ですから長所ばかり伸ばしても、短所を攻められ負けてしまってはならないのです。

    白衣高血圧になりやすい方は、環境の変化やストレスに弱いという弱点が見つかったと考えることができます。

    そしてこの弱点に対して、今から克服するように努力すると健康だけではなく人生に大いにプラスになります。

    なぜならストレスを受けやすいということをそのままにしておくと、次のようなことが生じてしまうかもしれません。
    それを未然に防ぐことができるのです。

    • ストレスは血圧だけではなく、糖尿や、腎臓病や、自律神経失調症や、鬱や様々な病気の原因になる。
    • 仕事などでもドキドキしたりして、自分の力を発揮できない。
    • 大事な人生でのチャンスを逃してしまう。

    ですから、「早めに血圧のお薬を飲んでおきましょう。」とか「安定剤を飲んでおきましょう。」
    という血圧の数値だけに目を向けるのではなく、真の改善に取り組むことが大事です。

    真の改善についてはこちらを参考に:糖尿病と高血圧の両方に良い影響を及ぼす真の改善方法

    ストレスの受け方、かわし方(居合道などでは受け流しという技があります。)を研究してみましょう。
    またストレスは悪いことではなく、ストレスに対する考え方を変えるだけでも、気持ちが楽になります。

    それでは血圧の方は、どうフォローしていくのが良いかというと。

    家庭血圧を測って記録を付ける

    もしまた診察室で血圧を測られる時が心配であれば、血圧を測って記録を付けておきましょう。
    家庭血圧が正常であるというノートを持っていくだけでも安心して測ってもらうことができます。

    腹式呼吸を練習する

    こちらはストレスを受けて血圧が上がってしまう方には、とてもお勧めです。
    興奮している交感神経のバランスをとる副交感神経が優位になります。

    お腹を意識して、お腹からゆっくり息を吐いたり、お腹を膨らませて気持ちよく息を吸ったりしてみましょう。
    5分位で、血圧の数値が下がることもあります。

    心を落ち着かせるために数字を頭で数える数息観が呼吸法の中にあります。

    あなたは軸がブレていませんか

    ストレスを感じやすかったり、血圧が急に上がりやすかったり、そのような時は姿勢が悪くなっていることが多いです。
    あなたの軸が定まっていないということはありませんか。

    姿勢を意識してみましょう。
    武道の不動の心は、良い姿勢という形から入ります。

    感性も高まってきます。
    感性についてはこちらを参考に:健康診断の数値が悪い時にウォーキングをする大事な理由

    最後に

    私は達人と言われる先生から武道を学んでいます。
    講演や運動指導に取り入れていますが、健診結果も短期間で効果が出ていることは、この武道のからだの使い方を取り入れているからだと思います。

    白衣高血圧と言われた方は、なぜそうなっているか原因もほぼ定まっているので、どうしたらよいか方針もたちます。
    そしてストレスへの考え方だけではなく、いろいろ実験してみましょう。

    • 診察室で血圧を測っていただくとき、その先生のネクタイとか観察してみることも良いかもしれません。
    • 誰かの前で血圧を測って練習するのも良いでしょう。
    • 診察室で血圧を測るときに姿勢を正してみることもお勧めです。

    すぐにできなくても、それに向かっていろいろ努力していくと必ず回答がやってくるでしょう。
    努力をして失敗しても、それを恥ずかしく思ったりせずに、何回も挑戦してみることが大切です。

    白衣高血圧と言われたチャンスを活かして、ドキドキ緊張しない自分になってくると、今までの自分と違った一面も発見できるに違いありません。

    ピンチはチャンスです!

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *