メタボ

内臓脂肪が増えすぎると糖尿病や高血圧まで生ずる可能性大

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    リレーでバトンを渡すときは、早く渡したいとドキドキしますね。
    ですが、内臓脂肪が増えて他の生活習慣病にバトンを渡しては大変です。

    内臓脂肪は、油断すると増えてしまいがちです。
    増えすぎると、糖尿病や高血圧など他の病気を引き起こしてしまいます。

    どういう流れで起こってしまうかというと、

    内臓脂肪が必要以上に蓄積されると、
    「インスリン抵抗性」が引き起こされてしまいます。

    インスリン抵抗性とは、膵臓からインシュリンが出ても、
    ちゃんと働けない状態のことです。

    インスリン抵抗性も糖尿病を引き起こす原因の一つです。
    その状態が続いてしまうと、

    腎臓にも影響してしまいます。
    腎臓でナトリウムが排泄されなくなってしまいます。

    ナトリウムが排泄されなくて、濃度が高くなると、
    血管収縮して血圧が上がってしまいます。

    そうすると交感神経も高まってしまい、
    それによっても、血圧が上がってしまいます。

    というように、いろんな生活習慣病も一緒に引き起こしてしまうのです。
    内臓脂肪の過剰に気を付けたいものです。

    ですが、嬉しいことに、
    内臓脂肪はつきやすいけど落ちやすいのです。

    腹筋をして、歩いて、、、
    と初めから難しくしなくても、

    普段からお腹に力を入れることお勧めです。
    仕事中、移動中、ちょっとした時間で良いです。

    お腹に力を入れる習慣をつけましょう。
    お腹に力を入れると筋肉が増え、逆に内臓脂肪は減ってきます。

     

    コレステロール・中性脂肪の数値改善のセミナーでも内臓脂肪が減る体操を致します。
    ご興味のある方は、どうぞご参加ください。

    http://hisaestyle.com/health/medical-examination/2511/

    #ダイエット #リバウンド

    #内臓脂肪

    コメントを残す

    *