高血圧

血圧が変動する女性のターニングポイントとその過ごし方

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    女性の方で、若いころは低血圧だったり、気にならない数値だったのに、更年期を迎えたあたりから、今度は高血圧になってしまったという方はいらっしゃいませんか。

    更年期の時期は、からだの変化に戸惑ってしまったり、精神的にもバランスを崩しがちです。

    このからだの変化にどう対応していくとよいでしょうか。
    女性の身体が大きく変化するターニングポイントの過ごし方をお伝えいたします。

    女性は7の倍数で大きく変化していく

    中国の古い医学書「黄帝内径素問(こうていだいけいそもん)」によると、木の年輪と同じようにからだにも節目があって、それが男性は8の倍数女性は7の倍数で変化していくというのです。

    「女性は7歳で永久歯が生えて髪が伸び、14歳で初潮を迎えて、21歳で背が伸びて女性らしくなり、28歳で女性として成熟し、からだも強くなり、35歳でしわが出てきたり、髪が抜けたり、42歳で髪が白くなり、49歳で閉経に至る」と書かれています。

    今の時代は栄養状態が良くなったり、成長の段階では多少の違いはありますが、閉経は50歳前後というように、昔と今とほとんど変わっていません。

    更年期とは

    女性は生まれた時に、将来子供を産むために、卵胞を備えて生まれてきます。
    この卵胞は、年齢を重ねながら減少していきます。

    40代くらいになってくると、(42歳で髪が白くなってくるあたり)卵胞は急に減少し、働きも落ちてくるため妊娠しにくくなってきます。

    そして、50代くらいになると(49歳前後)閉経となり、月経が停止します。
    女性ホルモンのエストロゲンも減少しているのに、脳は今までのようにエストロゲンを出すように指令します。

    脳の指令を出している視床下部は混乱してしまいます。
    その時、自律神経も視床下部の影響を受けているので、めまい、のぼせ、動悸、イライラ、頭痛、ほてりなどの症状が出て自律神経のバランスも崩れていくのです。

    更年期に血圧が上がる訳

    40代くらいになると卵胞の数は急激に少なくなり、卵胞自体も老化していくため、妊娠をしにくくなります。また50代を迎える頃には卵胞がほぼ消滅し、閉経となります。

    厚生労働省「国民健康・栄養調査(2006年)」(妊婦を除く)によると、女性の高血圧症の有病率を年代別にみると30歳代までは全体の数%でとても少ないです。

    ですが、40歳代になると14.2%(予備軍をふくめると32.4%)、50歳代では39.2%(58.3%)、60歳代では57.6%(74.9%)と言うように、更年期を境に増加していきます。

    エストロゲンの減少によって、自律神経のバランスが崩れることが大きな原因と言われています。
    そして、更年期の症状(めまい、ほてり、いらいら、頭痛等)に不安を抱くことも精神面に影響してしまいます。

    また、そのことによって、気分が落ち込み運動不足になったり、肥満になったりすることも関係してきます。

    からだが楽に感じるのはどっち?

    その人それぞれ体質があるので、更年期の症状を和らげるための方法も様々です。
    漢方は、男性と女性を比べた時、男性を「陽」、女性を「陰」と捉えます。

    ですが、この女性の「陰」の中にも、「陽」が含まれているのです。
    どちらが、心地よく感じるでしょうか。

    ゆっくりリラックスの動作が気持ちよく感じる方

    この方は、ずっと女性はこうでなければならないと、頑張り過ぎていたかもしれません。
    歩くときは、手と足を積極的に動かして、頑張って歩いていたかもしれません。

    歩くときも、景色を楽しみながら歩いたり、時々立ち止まって草花を楽しんだり、ゆったりと深呼吸をしたり、そのようなのほほんとした「陰」の時間を大切にしてみましょう。

    アクティブの動作が気持ちよく感じる方

    この方は、ストレスをため込んでいたかもしれません。
    女性らしく、一歩引いて、あまり意見を言うことなく従ってきたのかもしれません。

    元気ウォーキングや、活動的に運動をしてみましょう。
    ボクササイズとかも良いでしょう。

    お勧めは武道です。
    なぜなら、相手を倒すとか、やっつけるというのではなく、動作を考えながら行えるからです。

    心のお稽古ともなります。
    素振りや、型など続けながらどうしたらよい良くなっていくか。

    それを続けていくことが心をも鍛えてくれることでしょう。
    この動きが心地よい方は「陽」の動きを説教的に取り入れてみましょう。

    最後に

    女性は7の倍数で大きく変化していきます。
    7×7=49歳のあたりから、からだにのぼせやめまい等の症状が出たり、精神状態も不安になりがちです。

    男性の方も、更年期でイライラしたり、症状が出ている奥様を見たときは、からだの変化に対応していく為に辛い思いをしているのだなあ、と労わっていただけたらと思います。

    女性も「私は今更年期だから!」と更年期を悪く思わないで、移りゆく自分の身体に「頑張ってきたね。」と声をかけてあげましょう。

    そして、その自然の流れに対して、どのようなことが心地よく感じられるか、陰、陽の両方の過ごし方で試すことをお勧めします。

    そのことが自律神経のバランスを調え、高血圧にも良い影響を及ぼすことでしょう。

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *