高血圧

高血圧を動脈硬化から考え改善に導く誰にでもできる方法

    動脈硬化というと、動脈が硬く変化すると書くように、いかにもからだに悪そうな状態ということが伝わってきます。

    この動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こす可能性があると言われています。

    ですが、このような病気が突然やってきたのでしょうか。
    動脈硬化の場合も様々なことが水面下で進行していたと考えられます。

    何事にも原因はあるものです。
    そして、結構身近なところに重要なその原因もあるものです。

    しかもその解決方法は特別なことではなく誰でもできることだとしたら、希望が持てます。
    その解決方法をお伝え致します。

    動脈硬化とは

    動脈硬化とは、動脈の血管の壁のところに、コレステロールや中性脂肪など代謝産物が病的に付着することによって、血管が詰まったり、硬くなったり、柔軟性を失った状態を言います。

    動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなり、臓器や組織に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなります。
    動脈硬化が起こっているところは、血管壁にコレステロールなどがたまります。

    そこが、お粥のような粥状になり、そこを掃除するためにマクロファージーがやってきて、だんだん盛り上がり肥厚したのがプラークです。

    そのプラークが波状すると、血栓となってしまいます。

    動脈硬化

    こちら参照:糖尿病と脳梗塞心筋梗塞―糖尿病ネットワーク

    動脈硬化の危険因子

    動脈硬化の変化を起こしたり、勧めたりする条件となるものを「危険因子」と言います。

    自分でコントロールできない因子

    • 年齢ー若いより、年を重ねたほうが動脈硬化を起こしやすい
    • 性別ー女性より男性の方が、動脈硬化を起こしやすい(女性でも閉経を過ぎると動脈硬化になりやすくなる)

     

    自分でコントロールできる因子

    • 「高血圧」
    • 「高脂血症」
    • 「喫煙」
    • 「肥満」
    • 「糖尿病」
    • 「ストレス」

    生活習慣などの改善で自分が意識することによって、コントロールすることができます。

    高血圧が続くと、高い血圧に耐える為に、動脈の血管壁が厚くなり、動脈硬化になると言われています。
    ですが、高血圧の方がすべて動脈硬化であるというわけではありません。

    また、血管が傷つき、コレステロールがそこに溜まり、それを掃除するためにマクロファージが集まって、血管が狭くなり、動脈硬化の状態から血圧を上げるということも考えられます。

    よって、高血圧によって、動脈硬化が起こりやすくなる。
    また動脈硬化によって、血圧が上がる。

    両方が進行する場合があります。

    動脈硬化の改善から考える

    ここでは動脈硬化を改善して、その結果として血圧にも良い影響が出るように考えてみましょう。
    高血圧は原因はいろいろありますが、ほとんどは本態性高血圧で原因がわかっていません。

    ですが、動脈硬化は明らかに血液の質や血管の状態が良くありません。
    そこから始めてみましょう。

    血液ドロドロが血管にも影響する

    血液サラサラのお薬が良く使われています。
    それは血液がドロドロだと血管を詰まらせてしまう恐れがあるからです。

    動脈が詰まると、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など生じる恐れがあります。
    その血液ドロドロの原因は何でしょうか。

    喫煙、睡眠不足、ストレスなども原因します。
    また、体質によっても違います。

    からだが冷えて血流が悪くなっている方もいれば、食欲旺盛で食べ過ぎてしまう方、元気がなくエネルギー不足の方、ストレスで血管も緊張している方など様々です。

    その方の体質によっても、気を付けるところは違いますが、血液ドロドロのところに焦点を当てると、なんといっても食事が大きく影響しています。

    血液、血管も食べ物からできているからです。

    誰でもできる血液ドロドロ対策

    次のことで気になることはありませんか。

    • 甘いものを食べ過ぎている
    • お肉や乳製品を食べ過ぎている
    • 揚げ物、炒めものなど油を使った料理が多い
    • お酒をたくさん飲む
    • 脂の多い魚の油を網で落としていない
    • 発酵食品をあまり食べない
    • お菓子も和菓子より植物性の油を使ったものが好き

    このような食生活が続くと、血液がドロドロになったり、ネバネバになってしまいます。
    そのドロドロやネバネバが、血液や血管に影響を及ぼします。

    ねばりが赤血球の周りに付着したり、血管の内側に付着したり、細動脈から毛細血管に流れ出すところに血栓ができてしまったりと、いろいろ悪さをしてしまいます。

    血液をサラサラにするお薬を飲んでも、この食べ物からくる粘りやドロドロが解消するわけではありません。

    サラサラのお薬を飲んでいても、食べ物に注意することはとても重要です。
    食べ物を選択すればよいことですから、誰でも気を付けるとできることです。

    ですが、そこがなかなか難しいところです。

    人間としての特権を放棄していませんか

    中には、そんな食べ物に気を付けるのはめんどくさい。
    美味しいものをたらふく食べて、お酒を一杯飲んでそれで病気になってもしょうがない。

    暴飲暴食はやめないで、お薬で何とかなるのならそうしたい。
    という方もいらっしゃると思います。

    お薬で痩せられるなら、そっちの方が簡単で良い、という方もいらっしゃることでしょう。
    人生も選択なので、その方が決めることです。

    ですが、そのようにお薬だけに頼って、生活習慣を振り返らないと、永遠にお薬にコントロールしてもらわないと調整できないからだとなってしまいます。

    そのような生活が続いて、高齢者となっていくと、逆にいろんな症状をお薬でコントロールすることに日々の時間が費やされていくということにもなりかねません。

    それだけではなく、せっかく人間として生まれてきたのに、人間としての特権を使わないのは勿体ないです。

    人間としての特権とは

    他の動物と比べると、人間はいろいろ考えることができるということが大事な特権の1つでしょう。
    アイディアを出したり、工夫したり、失敗したと思っても反省してやり直すことができたりと。

    いろんな気付きを頂きながら、自分を高め向上していくことができます。
    ですが、食べたいこと、やりたいことだけをして振り返らないと大事な気付きを頂くことができません。

    そうすると、残念なことに動物以下になってしまうのではないでしょうか。
    なぜなら、食いしん坊の豚でさえ、腹八分まで食べると自然に食べるのをやめるのですから。

    最期に

    高血圧→動脈硬化→心筋梗塞や脳梗塞など重い疾患というような危険性があるので、高血圧対策をすることが勧められています。

    また、高血圧→動脈硬化→高血圧というように、高血圧がひどくなり、悪循環となることも考えられます。
    血圧が高いことによって、不安が募りますが、誰でもすぐに始められることがあります。

    毎日の食事です。
    これはお酒を飲んではいけない、とかお肉を食べてはいけないということではないです。

    日々の食事で調えておけば、時々の楽しみも格別です。
    からだのことを心配することなく、有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

    動脈硬化は重篤な疾患に繋がりやすいというイメージがありますが、改善に導くための食事は、自分でどのようにもコントロールが可能です。

    高齢化社会となってきています。
    お薬を飲んでいる方も、それと一緒に、食べるという生活習慣から取り組んでみましょう。

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *