健康管理

体質の根本解決によりコレステロール以外の症状も改善

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    西洋医学的な考えでは、病名に沿って、治療が進められます。
    コレステロール値が高すぎるなら内科、膝が痛い、整形外科に行きますね。

    そうすると、コレステロール値が高くて内科にいくと、
    コレステロール値のことだけが治療目標となります。

    しかし、膝が痛いということと、コレステロールが高すぎることは、全く関係がない訳ではありません。

    機械のように、部分の寄せ集めが体ではなく、全体の働きの中に、部分が関連し合っていると東洋医学では考えます。

    気になる症状が繋がっている場合が多いのです。
    実際、次のような話もいただいています。

    「コレステロールの数値を改善する、体操などメニューを行ってもらったら、今年は花粉症も出ていません。」

    「一を知るとすべてに通じると」、と言っていた宮本武蔵の言葉のようです。

    よって、運動、食事、心の持ち方などからも、いろんな症状が同時に改善していくことが可能です。

    コメントを残す

    *