健康管理

花粉症は春という季節の働きを受けた反応

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    花粉症の季節となっていて、花粉症の方にはつらい季節ですね。
    せっかく暖かくなっているのに、鼻や目が気になって辛いことでしょう。

    花粉症は、「春は花粉が飛ぶから」、
    という理由からだけなのでしょうか。

    そうすると、すべての人が花粉症に一斉になっても良いはずです。
    ですが、なる人とならない人がいるのはなぜでしょうか。

    それは「春」という季節の働きが関わっていると東洋医学では考えます。
    春は、芽が出て、伸び伸びと育ち、発散しようとする季節です。

    デトックスの季節となります。

    よって花粉症は、身体から上手に出せずに溜まっている毒素を出そうとする反応である。
    と捉えることもできます。

    普段、小便や大便や汗などで出せなかった毒素を、
    出そうとしているのであれば、それを抑える事だけを考えるのではなく、

    溜まらないようにする生活習慣を心がけることが大事です。
    まずは身体が冷えすぎないように気をつけましょう。

    お風呂も、シャワーだけで済ましたり、ぱっと入ってぱっと出るのではなく、
    しっかり浸かって、そして身体を温める根のものの野菜を積極的に取りましょう。
    (大根、レンコンなど)

     

     

    コメントを残す

    *