健康管理

歩くといろんな病気が良くなる為に知っておきたい大事なこと

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    歩くといろんな病気がよくなると言われています。
    確かに、歩くことはとても良いことです。

    ただ、中には、これで良くなったという歩き方を見ると、
    自分も同じことで良くなると思って行ったけれども良い結果が出なかったという方もいらっしゃいます。

    それだけではなく、ケガをしたり、痛めてしまった。
    という方も中にはいらっしゃいます。

    それは、漢方医学でも体質に実証と、虚証とあるように、
    それぞれ体質が違うからです。

    体力があるがっちりタイプの方が、元気に1万歩を目指したら、
    コレステロールや中性脂肪の値が改善されたという方もいるでしょう。

    ですが、体力が衰えてしまって、歩幅も大きく出ない方が、
    元気な方と同じような歩き方をすると無理がかかってしまうことがあります。

    ということは逆に、世の中で言われている、歩数を頑張ったり、歩幅を大きくしなくても、
    その方にあった歩き方をすれば、効果が出るということになります。

    特に、体力が衰えてしま手いる方、膝とか腰とか痛くて歩けないという方は、
    諦めることなく、その症状を分析すると、殆どの方には答えが出てきます。

    痛いということは有難いことで、いろいろヒントを教えてくれます。
    それは、内臓の疲れからきているかもしれません。

    ですから、それらを含めた個人にあった歩き方をすると、
    コレステロールや中性脂肪など健診数値にも良い効果が出てくるのです。

    それは一人ずつ違ういます。(特に痛めている方にとって)
    世間一般に言われていることを行ってダメだったからと言って諦めないでください。

    自分の体質や症状にあった歩き方をすることで、
    手術をしなくても良くなったり、いろんな病気がよくなる可能性は十分にあります。

     

    #歩くと病気が良くなる #膝痛腰痛の手術

    コメントを残す

    *