健康管理

健康経営で従業員が幸せに働くことで日本経済が成長していく

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    健康経営という言葉を聞いたことはありませんか。
    最近、テレビなどでも取り上げられるようになってきました。

    経済産業省では、健康経営銘柄を次のように選定しています。

    本取組では、東京証券取引所の上場会社の中から「健康経営」に優れた企業を選定し、長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介をすることを通じ、企業による「健康経営」の取組を促進することを目指しております。

    詳しくはこちらを参考に:健康経営銘柄 経済産業省

    この取り組みは素晴らしいことだと思います。
    上場している企業だけでなく、中小企業にまで行き渡ると日本経済は変わっていくことでしょう。

    会社が発展していく為には、従業員が幸せに健康で働けることが大切なのです。
    この考えに至るまでの時代背景を知り、この流れに乗っていきましょう。

    産業革命によって農業社会から産業社会と成長

    健康経営を考えるにあたり、それまではどうであったかということを考えてみたいと思います。
    なぜ健康経営がこのように言われるようになってきたかというと、不健康な人が増えてきたからです。

    なぜ不健康な人が増えてきたのでしょうか。
    18世紀後半に始まったイギリスの産業革命までさかのぼって考えてみましょう。

    産業革命が始まる前までは、基本的な生産の基盤は農業でした。
    それが産業革命によって、工場社会の方に基盤がシフトしていきました。

    自然の変化に合わせながら、営んできた農業に対して、産業の流れに人々が合わせていかなければならなくなっていきました。

    工場の流れを止めないように、朝と昼を逆転させたような仕事の仕方を強いられてしまうこともでてきました。
    ゆっくり食事がとれないので、コンビニなどを利用して簡単に済ませてしまうということも普通となってしまいました。

    そのことによって、生活習慣病が増えて、医療費が高くなることによって、休む人が出たり、心が病んでしまう人まで増えてきてしまったのです。

    それだけではありません。
    体調が思わしくないことによって、仕事に集中できなかったり、それぞれの能力を思う存分発揮できないということも生じているのです。

    会社を成長させるためには個々の力が大切

    会社の目的に到達し、成長し続けるためには、従業員一人一人がそれぞれの力を発揮することが大切です。
    会社の目標をその時だけ、例えば一期だけ達成することは可能でしょう。

    その期間だけ何が何でも、従業員が相当の無理をしてでも、その目標をクリアするように働いてもらう。
    ですが、これですと長続きしません。

    無理がたたって、病気になったり、心が病んだり、そうすると本来の会社の目的まで到達することが不可能になります。
    今までの産業から考えた、働き方では成長し続けることは無理だということがわかってきたのです。

    国も国民一人一人が幸せを感じるようでなければ、良い国になりません。
    同じように、会社も従業員の姿が会社の姿となっていきます。

    よって、従業員がより良く高まり、幸せな気持ちで仕事ができる環境を作っていくことが、会社がより良く高まっていく為の条件となります。

    会社にとっては、従業員一人一人が、大切な財産なのです。
    その貴重な財産が、心と身体が疲れていることで充分発揮できないことは、避けなければなりません。

    私達の細胞一つ一つにはより良くなっていきたいという気持ちが埋め込まれていると言われています。
    それを発揮するためには、従業員の方の心と身体が健康であるということが大切だということは言うまでも有りません。

    それに気が付き始めてきた、というのが今の時代でしょう。

    人生の中で多くの時間が働く時間に費やされる

    一日24時間の中で、睡眠の時間を除くと、その多くは働く時間にあてられます。
    会社で働く方、自営の方、子育てをする方など様々な形で働いています。

    事前のリズムに逆らわず、心を身体を調え、それぞれの力を発揮できるように調えていくことが大事です。

    • 仕事の時間帯
    • 食事の内容
    • 生活習慣病の改善
    • ストレス解消
    • 睡眠時間

    最後に

    以前、健康経営のようなことを考えて、企業に営業をしたことがありました。
    その時は、反応を示す企業はほとんどありませんでした。

    中には、経営者の方で、目を輝かせてそれは良いと言ってすぐ取り入れて下さった方もいらっしゃいました。
    そのような会社は、まれにみる会社でした。

    ですが、取り入れていただくと

    • 食事指導でアトピーがよくなった方
    • 睡眠に気を付けるようになって休まなくなった方
    • 精神状態が安定し、会社の大事な仕事を任されるようになった方
    • やめてしまう社員が減った

    など心身共に会社の従業員の方には変化が出ました。

    そしてようやく、健康経営に国の厚生労働省、経済産業省なども力を入れる時がやってきました。
    私が取り組んだ時は早すぎたかもしれません。

    ただより良い方向へと発展させていこうという気持ちは、人々の心の中にあり、それが受け継がれていつか形になる時が来ると思いました。

    今は「健康経営」がピンとくる会社は、業績アップと株価上昇が目的に挙げられ、一部上場などの大手が多いと思います

    ですが、健康経営がもっと中小企業にまで広がっていった時、本当に日本の経済は成長していくのだと思います。
    流れに乗っていきましょう。

    まだまだその先があるはずです。
    なぜなら、私達の細胞の中には、もっともっと良くしていこうという想いが遺伝子の中に組み込まれているのですから。

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *