健康管理

高血圧の症状のある60代の方へ!今からでも遅くはない訳

    60代の方で、今まで仕事一筋だったけれども、これからは時間もできたし、そろそろゆっくり豊かな人生設計をしたいと考えている方も多いことでしょう。

    その時まず気になるのが健康状態ではないでしょうか。
    何かやりたいけれども気力が湧かない方もいらっしゃるかもしれません。

    会社に行っていた時は、健康状態に目を向ける時間がなかったことでしょう。
    無理をしてお薬だけに頼っていたかもしれません。

    何のお薬を飲んでいるかよくわからないけれども、気が付いたらたくさん飲んでいたという方もいらっしゃいます。
    ですが、一方で同じ年齢の方でも、元気な方もいらっしゃいます。

    この違いは何でしょう。

    60代まで多くの病気をしてきたが元気な80代の方

    60で大病をされても、元気な方々はどのようなことをされたのでしょうか。
    また、どのような心境の変化があったのでしょうか。

    60代で脳梗塞になったが今は元気

    今は80代で会社の会長をされていらっしゃる方です。
    「とてもお肌がピカピカされていて、健康的ですね」とお伺いしたところ、

    「実は、60代の時、普段から血圧も高めだったのですが脳梗塞になり手術をし、その後いろいろ内臓の働きも悪くなって、臓器をいくつかとっているうですよ。」とお話して下さいました。

    今の顔色からは、とても想像ができないお話にびっくりしました。
    脳梗塞になった時は、社長をしていて仕事でのストレスも多く、いつも不安やいらいらして精神状態が良くなかったそうです。

    脳梗塞をして倒れられてから、次々と悪いところが出てきて、何度ももう死んでしまうのだろうか、と思ったそうです。

    そして、社長を退き、会長となられました。
    今まで、会社のことばかり考えていたことを、自分のことを考えるようにされたそうです。

    お付き合いのゴルフから、気軽に散歩をしてみたり、本を読んだり、そして何より、睡眠をしっかり摂るように変えたとのことです。

    もしかしたらもう命はなかったかもしれないのに、今日も一日を過ごすことができた。
    「ありがとう」と一日一日思っていたら、少しずつ健康を取り戻して、今にあるそうです。

    60代のころ、脳血栓で大きな手術をした方

    この方も現在80代ですが、とても元気に畑仕事をしたり、日曜大工をしたり、人生を楽しんでいらっしゃいます。

    ですが若いころは目が疲れては頭が痛くなったり、すぐ風邪をひいたり、寒気や冷えがひどかったというのです。

    そしてある時、脳血栓があることが見つかってしまいました。
    命にかかわる大きな手術をされました。

    やはり、自営業をされていて、ストレスがあったようです。
    また神経質で、何事もきちっとされる方でした。

    それが、こうしなければならないというプレッシャーが日々身体にかかっていたようです。
    自営業をやめられてから、畑仕事をしたり、自然と向き合うようになられたようです。

    そして、日曜大工など始められました。
    この日曜大工がとても良い運動となったそうです。

    汗をかきながら、からだを使って好きな趣味を続けていらっしゃいます。
    そのようにして、60代の時大病をされたのに、年を重ねながら、どんどん健康になっていかれたのです。

    退職されてから、調子を崩してしまう方

    年を重ねながら健康になる方もいらっしゃします。
    逆に退職して、体調が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。男性に多いです。

    退職され、会社に行くことがなくなり、リズム的な生活ができなくなり、太ってしまったり、あそこも悪いのではないかと、心配ばかりが募ってしまう方がいらっしゃいます。

    また、自宅と会社のお往復だったので、近所の方と挨拶をしたり、近所づきあいもできず、それがストレスになって、家から出られないという方もいらっしゃるようです。

    自然と触れ合ったり、趣味を楽しんだり、ボランティア活動をしたりと、生きがいを持って暮らすことがとても大切です。

    あと何年かで退職されて、生活のスタイルががらりと変わられる方は、今からどのような生活を送りたいか、シュミレーションしておくことが大事です。

    高血圧だけれども、あまり生活習慣を振りかえってなかった方は、この機会に健康づくりを生きがいとすることも良いでしょう。

    60代で高血圧の方に多い傾向

    60代で高血圧が発症する方は少なく、男性は40代から女性は50代からく血圧になっている可能性が強いです。

    その場合は、長年の高血圧で動脈硬化が進んでしまい、その時は下の血圧が低くなってしまうことがあります。

    詳しくは、こちらをご覧ください。血圧の下が低い60歳以上の方が気を付けるべき大事なサイン

    60代の自分の高血圧の状態を知りましょう。
    60代で大病されても、80代で元気な方もたくさんいらっしゃいます。

    まずは70代に向けて、どのような生活を送っていきたいか目標を立てましょう。
    若いころより、自分に向けられる時間がたくさんあります。

    それを有効に活用しましょう。

    最後に

    60代になり、今までの疲れが重なって、大病になってしまうこともあるかもしれません。
    せっかく仕事も一段落して時間ができのにと、がっかりすることもあるでしょう。

    ですが、これからの時間を使って、健康状態を取り戻していくことは充分可能です。
    60代で大病になってしまわれても、それから生活習慣を振り返り、現在も元気な方はたくさんいらっしゃいます。

    大事なのは、60代からの時間をどういう思いで過ごしていくかということでしょう。

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *