健康

高血圧の対処にサプリメントを用いる時に知っておきたいこと

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    宣伝を見ると、高血圧の改善の為によさそうなサプリメントがいろいろ載っています。
    サプリメントを飲むだけで改善するなら良いですね。

    いろんなサプリメントがありますが、どのようなものをサプリメントと捉えたらよいかご存じでしょうか。

    また、効果的に選ぶには、どのようなことに気を付けるとよいかお伝えいたします。

    サプリメントとは

    実は健康食品とかサプリメントは、残念なことに行政的な定義がないのです。

    一般に、健康食品とは「健康の保持増進に資する食品全般」が、またサプリメントとは「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」がそれぞれ該当すると考えられています。

    参考:多用な健康食品 厚生労働省

    ここで、健康食品は、健康の保持増進に繋がるが、お薬ではないということを覚えておかなければなりません。
    サプリメントも広い意味で健康食品と考えるとよいでしょう。

    ですから錠剤やカプセルの形で、お薬のように見えますが、お薬とは区別する必要があります。

    秘密の成分、専門家のお墨付き、希少な成分が含まれているなど紛らわし宣伝には注意しましょう。

    米国ではDietary Supplementを「従来の食品・医薬品とは異なるカテゴリーの食品で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を含み、通常の食品と紛らわしくない形状(錠剤やカプセル等)のもの」と定義し、またヨーロッパでも同様のものを“Food supplement”と定義しています。

    参考:多用な健康食品 厚生労働省

    医薬品ではない、健康に良い食品と考えるとよいでしょう。
    健康を補助する食品、それが錠剤とか、カプセルになっているのです。

    医薬品との区別

    医薬品(いやくひん)とは、人や動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品であり、副作用や致死量があります。

    からだに吸収されるためにはいろんな栄養素が必要

    1種類だけの成分が入っていてもサプリメントということができます。
    ですが、栄養素はどのようにして働くのでしょうか。

    ロジャー・ウイリアムズ博士の「生命の鎖」理論

    105181

    栄養学者であるロジャー・ウィリアムス博士の「生命の鎖」理論は有名です。
    生命の維持には、46種類の栄養素がバランスよく摂られていることが大事だということを提唱しています。

    人間も一人で生きていくことが難しいように、栄養素も1種類だけでは有効に働けないのです。
    46の栄養素が協力して、生命活動を営んでいます。

    その46を構成する栄養素は、必須アミノ酸が8種類、ミネラルが18種類、ビタミンが20種類なのですが、その一つでも必要な最小限の水準以下になってしまっても、不健康な状態になってしまうというのです。

    一つだけ少なくてもいけないし、あるものだけ多すぎてもその少ない水準に合わせて、まるで桶から水が流れ出てしまうかのように働けないのです。

    例えば上の桶にまんべんなく水が入っていたのに、ある一部分が上から欠けてしまったとします。

    そうすると水はそこから、流れ出てしまいます。
    同じように、46種類の栄養素のうち何かかけてしまって、他の栄養素が多くても働けないということが生じてきます。

    そのサプリメントは天然の素材か化学物質か

    例えば、同じビタミンCであっても、私達の身体と同じ自然のものからできているか、自然にない化学物質からできているからでも身体への負担が違ってきます。

    自然にない化学物質だと、西洋医学のお薬のように、からだはそれを解毒して処理しようとします。
    その時にいろいろ内臓が疲れる場合があります。

    また錠剤やカプセルの素材によっても、それが化学物質であれば、からだに負担がかかることも考えられます。

    基本は食事

    サプリメントは、基本的には食事で補っても補いきれない時に加えるという考え方が良いでしょう。

    野菜をとっても、野菜には多くの栄養素が入っています。
    1種類、2種類どころではありません。

    100種類以上入っているものもたくさんあります。
    ですがこれは人間が研究した範囲のものです。

    人間の研究では見つかってない未知のものも、もしかしたらたくさん含まれているかもしれません。
    食事をバランスよく、自然のものから摂ることが基本です。

    それで補えきれなかったところをサプリメントで補うという考えを持ちましょう。
    宣伝を見ていると、健康によさそうなものがたくさん出ています。

    中にはこれもあれも身体によさそう、と山盛りのサプリメントを飲んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

    ですが、錠剤やカプセルもその素材によって、身体に負担がかかるものもあります。
    よって、普段の食事を充実させ、それでもより健康になりたい時に加えるとよいでしょう。

    または、今の良い健康状態を保持するために必要と思われるものを、食事プラスで摂るのも良いでしょう。

    最後に

    サプリメントも含んだ健康食品がいろいろ出まわっています。
    お薬ではないので、どの方も自分で選んで購入することができます。

    普段の食事でどうしても不足してしまうところを補い健康を保持する方もいらっしゃることでしょう。

    普段の食事の方がより大事で、サプリメントは壊れた桶のように食事だけでは不足しているところを補うということです。

    そのことによって、自然治癒力が高まってきます。
    その結果、血圧にもよい影響をもたらしていくことでしょう。

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *