運動

運動不足は多くの運動をしなくても生活動作から連動できる

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    運動不足解消にどんなトレーニングがよいか悩んでいませんか。
    多くの方は、たくさんの種類のトレーニングをするとよいと思っているかもしれません。

    この部分を鍛えると、こういう作用がある。
    となると、からだ全体を鍛える為には、いろんな部分のトレーニングをしなければならなくなってしまいます。

    本を見るとたくさんの部分の運動が書いてあります。
    誰かに教えてもらわないとできないかもしれません。

    そのうち、自分には無理だ。
    と思って諦めてしまう人も多いことでしょう。

    ここで、東洋医学的に東洋体操から考えると、
    一つの動作でも、全体の働きに繋げることが出来ます。

    通勤で、吊革につかまっている時でも、
    つかまる為には、まず足からしっかり大地に立っていなければならず、

    腰や、背中を通って、腕まで繋がっています。
    全身に連動させる動きを意識することは十分可能です。

    そして、これは通勤して仕事をするという、
    生活するための動作となります。

    通勤の動作、新聞を読んでいる動作、
    筋肉は大きく動かすだけが運動ではなく、

    生活動作から全身に連動させて、生活しやすい筋肉を作ることが大切です。
    日常に目を向けるようになるから、いろんな効果が期待できます。

    コメントを残す

    *