運動

肥満・メタボ対策の運動そんなに頑張って回り道をしてないか

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    世の中に、ダイエットのための本がたくさんでています。
    これだけ出ているということは、それだけ需要があるということでしょう。

    また、裏を返すと、こんなにどんどん出るということは、
    特効薬はないということなのでしょうか。

    そうではないと思います。
    もしかしたら、回り道をしているのかもしれません。

    風邪の時に食べ過ぎるとそれを消化する方にエネルギーが使われる

    風邪の時は、たくさん栄養を取ればよいように思いがちですが、
    お粥に梅干しとか、消化の良い物、小食などの方が治りが早いです。

    それは、身体は一度にいろんなことができないのですから、
    栄養を付けようと、こってりしたものや、食べ過ぎなどすると、

    それを消化する方に、エネルギーが使われてしまって、
    風邪を治そうとするエネルギーが不足するからです。

    同じように、肥満やメタボ対策の為に、いろんな部分を使いすぎると、
    肝心な、お腹を動かすことがおろそかになっていないかということです。

    手とか足とかいろんな筋肉を使う前にすることは

    私も、昔はいろんなエクササイズの本を見ていました。
    しかし、今は、肥満、メタボ対策において、全く様々なエクササイズの本を見なくなりました。

    武道の身体の使い方で、結果が出るからです。
    みなさんお腹スッキリになって、健診数値が短期間で改善します。

    手の動きとか、足の動きとか、一般の人にとっては覚えるのも難しいことでしょう。
    本来の目的は、肥満、メタボ対策ですが、エクササイズを覚えることをしなければなりません。

    そのうち、続けているのが難しくなってしまいます。
    やっている時は良いけれども、やめるとすぐ戻るので、モチベーションが続きません。

    そして、手や足などは、解決したい内臓脂肪の場所から遠いところです。
    そこを一生懸命やらなくても、順番としては、良くしたいところに集中します。

    途中で諦めてしまう方の中には、回り道をしている人が多いようで残念です。
    まだまだ諦める必要はありません。

    もっと、シンプルに、内臓脂肪を減らしたい部分を、特別な運動ではなく、
    日常生活の動きで行うとよいのです。

    そうすると、頑張らなくても充分結果はでます。
    日常生活は常に訪れるからです。

    うなーじー®も、日常生活に取り入れてみましょう♪

     

     

    メルマガでも、健康情報をお伝えしていますので、宜しければメルマガもご覧ください。

    コメントを残す

    *