運動

高血圧対策の運動で空気の入れ替えだけではない呼吸の重要性

    普段何気なくしている呼吸ですが、この呼吸に心の状態が表れていることをご存知でしょうか。
    心の乱れが呼吸の乱れとなって、血圧の数値にまで影響を及ぼしてしまうのです。

    武道では不動の心で、相手に手の内を感じられないようなお稽古をします。
    また達人の域になると、息を消すような呼吸など身に付いてきます。

    武道にとって呼吸が大事なのは、呼吸の変わり目がスキとなってしまうからです。
    平常心を保つというのも、心が乱れると、呼吸の乱れに繋がってしまうからです。

    そのようなことに注意をして、病院の待合室で待っている方の息づかいに耳を傾けていると、苦しそうな息づかいをされる方、話しながら肩で大きく息を吸う方などいらっしゃいます。

    武道的にみるとスキだらけです。
    他人に呼吸の音がわかるときは、心が乱れているか、病気があるかの可能性があります。

    そのように、心の状態が呼吸に表れます。
    ですが本人はあまりそれに気が付いていません。

    呼吸は自然と繰り返されるので、自分で意識しないと、どのような呼吸をしているかわからないのです。
    高血圧の時も、呼吸が乱れている可能性大です。

    高血圧で睡眠時無呼吸症候群の方は、身体が病んでしまっています。
    それでは自分の呼吸はどうなっているか確認してみましょう。

    自分の呼吸に意識を向けることが高血圧対策に繋がります。

    自分の呼吸を観察する

    あなたの息づかいはどうなっているでしょうか。

    鼻で呼吸ができていますか

    鼻から呼吸ができると、鼻の中の毛がフィルターの役目を果たします。
    そうすると鼻から吸いこまれた空気があたためられ、きれいになって体の中に入っていきます

    逆に口呼吸ですと、空気中の細菌やウイルスが直接気道に入ってしまい、免疫力が落ちてしまいます。
    よって風邪をひきやすくなったり、アレルギー症状が出てしまうこともあります。

    呼吸の音が他人に聞こえてしまいますか

    心が乱れているか、からだの調子が悪いことが考えられます。
    細く長く、鼻から吐く練習をしてみましょう。

    ゆったり深く呼吸ができますか

    呼吸が胸のあたりで突っかかって止まるような感じがするときは、心や体が疲れていることが考えられます。
    ゆったり、お腹の方まで吸い込むことができなくなっています。

    ストレスなどがそうさせてしまっていることもあります。
    健康な状態の時は、お腹まで深い呼吸ができます。

    血圧が高く呼吸が乱れている時

    心が乱れて大きく動揺してないでしょうか。

    • イライラする
    • クヨクヨする
    • 悲しむ
    • 人をうらむ
    • 恐怖感がある

    いつも心が動揺していると、それが原因となって、高血圧から心臓病などの合併症などに進んでしまうおそれがあります。

    高血圧の時は交感神経が過剰に働いている

    高血圧の方は、緊張しやすかったり、ストレスを受けやすかったり、心が動揺しやすい方に多く見受けられます。

    そうすると自律神経のバランスが崩れて、交感神経の方が過剰に働いてしまいます。
    その時お勧めなのが、リラックスして、副交感神経の働きを高める腹式呼吸です。

    詳しくは、こちらを参考に:腹式呼吸の効果

    呼吸をするときの大事なポイント

    運動として呼吸を考えると、単調に機械的に行ってしまいがちです。
    ですが自分の内面を見つめる為には、この呼吸をどのように感じて行っているか。

    自分で次のことを確認しながら行う事がとても大事です。

    • 鼻から吸って、鼻から吐く(初めは口からでもよい)ことを静かに行う
    • お腹まで届くような深い呼吸を意識する
    • 規則正しい間隔で行う(例えば、4つ吐いて2止めて4吸う)
    • 快く感じられる
    • 清らかな気持ちで行う

    大都会と清々しい場所での呼吸の違い

    大都会の中のごみごみしたところと、空気が澄んでいて清々しい場所では、同じように呼吸をしても違ってきます。

    週末など、気分転換に静かな所に旅行に行くと、深呼吸しながら「気持ちいいなあ」と思わず声に出てしまうことも多いことでしょう。

    人がたくさんいる、ごみごみした地下鉄などでは、深呼吸をしてもあまり「気持ちよいなあ」という思いにはなりません。

    よく、神社などは午後になるといろんな方の想いや願いも含まれてしまうので参拝は午前が良いと言われます。

    確かに、早朝誰もいない静かな時間の方が、空気が凛としています。
    どうも空気の中には、酸素や窒素などだけではないものが含まれているようです。

    霞を食べると言いますが、空気の中にも元気になるような清らかな空気もあれば、マイナスの想いや、恨みや、悩みや、心が動揺した後の想いがたくさん含まれている空気もあるのです。

    呼吸には空気の入れ替えだけではない重要な働きがあります。
    高血圧で、心も動揺することが多い方、意識して清々しい場所で呼吸をしましょう。

    旅行などに行く時間のない方は、少し早く起きて、近所で良いので凛とした空気を吸ってみましょう。

    まだ、その日の人々の想いが含まれていない、静かな、新鮮な空気を毎朝取り入れてリセットすると、心の乱れも調い、高血圧にも良い効果をもたらすことでしょう。

    最後に

    血圧は、いろんな要素で高くなってしまいます。
    ですが、原因となるものを一つずつ治していくと、改善していきます。

    その中に心が乱れがあるならば、自分の呼吸を見つめることから始めてみましょう。
    呼吸が調ってくると、心の乱れも調ってきます。

    私は武道を学んでいますが、余計な邪念もなく、学ぶという気持ちに集中すると、その場の空気も調っていくように感じます。

    マイナスの想いや、恨むや悩みが空気の質を変えてしまうとお伝えしましたが、人々の生き方によって、大都会の空気も清々しくなっていく可能性が十分にあります。

    高血圧で動揺しやすい心の乱れを調えることが、自分の周りの空気も清々しくしていきます。
    それをまた呼吸で取り入れていくという、良い循環も生まれることでしょう。

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *