食事

情報過多で何を食べたらよいか迷った時にすること

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    健康に対して、いろんな情報が飛び交っています。
    食事に関しても、これを食べるとよい悪いといろいろです。

    テレビで紹介されると、スーパーは売り切れてしまいます。
    ですが、次に日になると別なものが良いとなると迷ってしまいますね。

    この時、どうしたら良いでしょう。
    振り回されていると、これもストレスになりますね。

    添加物や化学調味料など、
    あまり入ってない方が良いということはわかりますが、

    全く入ってない物を探すのも大変です。
    その時、まずはどうしたら良いかというと、

    一つのものだけ、たくさん食べ過ぎないということです。
    あるものだけが増えると栄養素のバランスも崩れてしまいます。

    例えば、甘いものが食べたいときは、
    少しを楽しんでみるとよいです。

    また、自分のご褒美に、
    美味しいものを頂く。

    身体は、自分の目的を達成するための器だと思います。
    その為に、頑張ったご褒美に少し頂く。

    というように、考えてみたらどうでしょう。
    味によっても、感情は変わってきます。

    同じ味を好んで多くとると、
    それと関係のある感情に偏ってくることもあります。

    何を食べたらとわからなくなったときは、
    一つの種類だけ食べ過ぎず、少しずついろんな種類をとってみることをお勧めします。

    小食は、その中でバランスがとりやすいということもあります。

     

    コメントを残す

    *