食事

更年期の年齢である45才~55才頃に食事で気を付ける事

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    更年期は個人差がありますが、
    一般的には45才から55才くらいと言われています。

    このあたりから、太ってきたり、膝が弱くなってくる人も増えます。
    そして、コレステロールの値もグッと上がってくる人も多くなります。

    体力が落ちたような、免疫力が落ちたような、
    年を重ねたようだと感じる人も多いことでしょう。

    この時、太って来たり、コレステロールが増えてきて、
    ダイエットをする人も出てきます。

    気を付けなければならないことは、
    タンパク質が不足しないようにすることです。

    タンパク質はホルモンの原料になります。
    女性ホルモンも減ってくるので、なおかつタンパク質を不足状態にしないことが大切です。

    この時、大豆の成分である、イソフラボンは、
    エストロゲンの働きを助けてくれます。

    よって、納豆など積極的に摂ることをお勧めします。
    また、タンパク質は、運動をした後、一時間以内に補給するのがよいです。

    若い時は、子供を産むために、身体を守る働きが自然と働いていたのですが、
    子育ても一段落したら、今度は自分らしく生き、自分で健康管理をすることになります。

    更年期後は、このように、自分と向き合う時間を大事にするようにという、
    身体からのメッセージを頂いているように思います。

    それを理解して、
    更年期後、イキイキと楽しく過ごしてまいりましょう。

    #更年期 #コレステロール

    次のブログも参考になさってください。

    http://hisaestyle.com/health/heaith-car/2626/

     

     

     

    コメントを残す

    *