食事

高血圧対策の食事!ホテルで朝食バイキングが多い仕事の方へ

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

    ホテルで朝食バイキングをとっているビジネスマンのお皿の上をみると、面白いくらいみなさん個性があります。

    それぞれ全く違うのです。
    和食風の方、洋食風の方、和洋食ミックスの方など様々です。

    獲物を捕らえるかのごとく真剣な顔で、お皿に載せる食材を決めています。
    いつもの食生活の習慣をそこで知ることができます。

    きっと、こんなにたくさん食材があっても、出張のたびにがらりとお皿の様子が変わる方はいらっしゃらないことでしょう。

    毎回同じような食材を盛り付けているに違いありません。
    高血圧対策のためによさそうなものもたくさんあるのに、素通りしては勿体ないです。

    からだによさそうでも、普段取れないものもあることでしょう。
    高血圧対策に、朝食バイキングを上手に利用する方法をお伝えいたします。

    びっくりしてしまう極端な例

    いろんな方がいらっしゃいます。

    かき氷のようなごはん

    白米をかき氷のように山盛りに持って、それとお味噌汁と、コロッケだけの方がいらっしゃいました。
    沢山おかずがあるのに、これだけでした。

    栄養のバランスがとても悪いです。
    力仕事をする職人さんこそ、ビタミン、ミネラルやたんぱく質などもバランスよく摂っていただきたいものです。

    ハムやソーセージお肉中心

    サラダなどは眼中にないようで、素通りされました。
    そして、ハムやソーセージ、お肉に揚げ物と言うようにお肉類中心で山盛りのおかずです。

    ワイシャツの上からもメタボが伝わってきました。

    びっくりしてしまう食べている姿勢

    メタボ気味の方は姿勢も悪くなりがちです。

    • 肘を付けて食べている
    • 足を広げて食べている
    • 猫背で食べている

    内臓脂肪を支える為に、姿勢が悪くなってしまうのでしょう。
    姿勢が悪いので内臓脂肪が溜まっているのかもしれません。

    逆にかっこよい姿勢で食べている方を見ると、清々しい気持ちになります。
    そして腹囲が刺激され、痩せやすくなります。

    酵素たっぷりから頂こう

    朝はデトックスの時間です。
    毒素老廃物を出すということですので、代謝を良くすることが大切です。

    代謝を良くする為に化学変化をさせる触媒のようなものが酵素です。
    そして酵素の働きを良くする栄養素が、ビタミン・ミネラルです。

    よって、果物や野菜などから先に食べることをお勧めします。
    果物と野菜を摂られる時、野菜の方を多めにするとよいでしょう。
    バイキング野菜
    果物には糖分が多く入っているというイメージがありますね。

    ですが、朝とるのと夜とるのでは意味が違ってきます。
    朝は新陳代謝も良くなり、糖分をエネルギーに変換しやすくなります。

    夜は代謝も落ちて、果物の糖分が脂肪となって蓄えられてしまいます。
    果物には、酵素も入っていますし、ビタミン・ミネラルも豊富ですので朝とりましょう。

     

    野菜にも消化酵素やビタミン・ミネラルがたくさん含まれています。
    この時、すったものは酵素の働きがアップします。

    大根おろし、生姜おろし、とろろ等も見当たるようでしたら、摂りましょう。
    この時、単体では飽きてしまうという方は、他スクランブルエッグに大根おろしと少しの醤油。

    納豆に大根おろし、とろろごはんというようにそのホテルのお料理に合わせてアレンジすることができます。

    また、胃腸が冷えていたり疲れている方は、生のものばかりではなく、切り干し大根とかひじきとか、にくじゃがとか野菜の煮物を選ぶとよいでしょう。

    朝から頭も使いますね。
    良いことです。

    そしてタンパク質も大事です。
    お魚、お肉、納豆なども摂りましょう。

    量がたくさんになってしまうと思う方は、1品を少しずつバランスよくいろいろ摂るとよいでしょう。

    パンよりご飯の方が血糖値などゆっくり上がって腹持ちが良いと言われています。
    米は粒で、パンは粉からできているからです。

    パンを食べる時は、柔らかい食パンより、よく噛むことになる、フランスパンとかライ麦とか全粒粉の黒っぽいパンを選んでみましょう。

    朝から食欲が出ない時

    みそ汁

    前の日遅くまで飲んでしまったり、ストレスが溜まっていたり、そのような時は朝から食欲が出ない時があります。

    その時は無理にいつものように食べる必要はありません。
    朝はデトックスの時間です。

    その為の内臓が疲れていて、いつものように働いていないからです。
    全く食べれない時は、朝を抜くことも考えなければなりません。

    少しお腹に入れておきたいときは、ビタミン、ミネラルや酵素の多い、果物、野菜など生でもよいですし、ジュースの状態でもよいので、ゆっくりといただきましょう。

    ただ、前の日ビールを飲みすぎたり、胃が冷えて胃腸の働きが落ちている時は、お味噌汁が良いです。
    そして冷えが強いなと思う時は、もしあればおろし生姜を見つけて、お味噌汁に加えてみましょう。

    お味噌汁についてこちらを参考に:血圧を上げると言われてきた一杯に秘められた驚くべき事実

     

    おろし生姜は冷奴のそばにあることもあります。
    また、そうめんのところにあることもあります。

    何も冷奴を食べなくても、その横のおろし生姜を使っても良いのです。
    胃腸が温まり、朝は食欲が出なくても、昼からは食欲が出ることでしょう。

    まとめ

    出張

    出張が多くて、外食がほとんどという方は、栄養のバランスを崩しがちです。
    ですが、朝食のバイキングでは、高血圧改善のための食材がいろいろあります。

    そして、自分で選ぶことができるのです。
    今までの習慣で、好きなものばかりとっていた方はチャンスです。

    サラダコーナーを素通りして、ウインナーとかお肉ばかり食べていた方は、サラダや野菜の煮物、ひじきとか、切り干し大根とか
    そのようなコーナーでも足を止めてみるとよいでしょう。

    朝食バイキング、少し意識するとからだは変わってきます。
    またその日によって体調も違うことと思います。

    その体の声を聴きながら、選んでみましょう。
    そして基本は腹八分ですね。

    美味しいものがたくさんだからと言って、からだによさそうなのがたくさんだからと言って、食べ過ぎないことが大事です。

    血管を丈夫にして、血液をキレイにして、朝からお仕事がはかどることでしょう。
    一日元気にお仕事に向かえていただけたら、嬉しいです。

     

    発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です!  →詳細はこちら

     【限定動画】短期間で高血圧を改善したい方がすぐに始めるべき大事なこと

    高血圧のお薬を長く飲み続けていて、このままでよいのかと悩んでいませんか?

    今まで140か所以上の自治体で、健診数値を短期間で改善してきた経験から

    ・高血圧の原因がわかると見えてくる解決策
    ・高血圧を短期間で改善してきた秘訣
    ・動画を実践して血圧を下げる

    など、高血圧の改善に必要な情報と、血圧を下げる為に今すぐできる具体的な方法を、7日間に渡って動画でお伝えします。

    無料動画をダウンロード

    コメントを残す

    *